テンプレートのデメリット

IDカード作成のいろは

テンプレートのデメリット

テンプレートのデメリット IDカードの制作で、テンプレートを使うデメリットですが、一つ目に挙げられるのがマンネリ化です。多くの組織でIDカードで制作されています。組織内で自作する場合、ほとんどのケースにおいて最初からデザインソフトに入っているテンプレートが使われます。そのため利用すると、他の組織と見た目がそっくりな状態になりやすいのが難点です。

時間が短縮出来るのがメリットですが、見た目が別の組織と似ていしまうと混乱のもとになりかねません。没個性的なデザインだとスタッフの士気が下がる恐れもあります。

第二のデメリットですが、雛形は完成品です。文字や挿入されているイラストなどを、任意で削るとデザイン全体が崩れてしまったり、隙間に妙な余白が生まれてしまい、それがユーザーではなかなか修正する事が困難になったりと、カスタマイズの幅が少ないのが難点となります。

第三の欠点ですが雛形が使えるのは高値のソフトウェアだけであり、いわゆるフリーソフトではお洒落な様式は使えません。

IDカードを発行する際のプリンタの使い方

IDカードを発行する際のプリンタの使い方 IDカードは皆さんご存知の通り身分を証明するためのカードのことです。会社や学校だけでなく様々な会に所属すれば本人確認のために持つことになるでしょう。IDカードには様々な使い方があると思いますが、主にはセキュリティ面で活用され、例えば施設内への入退室の際に使ったり、カードフォルダなどに入れて胸ポケットに付けたり、ストラップを付け首からぶら下げるなどして名札の変わりにもなっています。

さてIDカードの作成にプリンタを使っている所もあると思います。パソコンを使ってカードのレイアウトを作り、そこに会員番号や氏名、所属に顔写真などのデータを入力すれば印刷が出来ます。それだけではなく今ではカードを印刷出来る専用のプリンタも存在しています。

通常の印刷では厚紙か写真用紙を使うことになると思いますが、専用のものでは用紙にプラスチックやICカードも使うことが出来るようになっています。一般的なものは文書やハガキの印刷など他の用途にも使えるのでわざわざ専用のものを買うまでもないかもしれませんが、IDカードの発行頻度が多い場合はそれを使った方が効率がいいかもしれません。

新着情報

◎2023/8/18

情報を追加しました。

> IDカードの社員証に変えることで得られるメリットや効果
> テクノジーの進展で変わるIDカードの寿命
> IDカードを使用する時にやってはいけないことなど誤用によるリスクと対策
> IDカードとリーダー機器の革新的な活用法!便利さとプライバシーの両立
> セキュリティーが万全なIDカードなら安心

◎2019/6/10

IDカードを使うメリット
の情報を更新しました。

◎2019/4/1

IDカードの用途と制作
の情報を更新しました。

◎2019/2/19

セキュリティに優れたカード
の情報を更新しました。

◎2018/12/18

IDカードの再発行
の情報を更新しました。

◎2018/9/20

テンプレートのデメリット
の情報を更新しました。

◎2018/7/31

サイト公開しました

「カード プリンタ」
に関連するツイート
Twitter

返信先:他2他人の住民票が出力されたのは、その自治体のプリントサーバの不具合。帳票を出力要求があったプリンターと違うところに送ってしまったもの。マイナカードとは関係ない。富士通が報告上げてるよ。ちゃんと調べてね! この投稿⇧、訂正謝罪、よろしくね!!

返信先:カラオケとかボドゲとか筋トレとかカードゲームとか3Dプリンターとか

カード買うお金でガンプラ買えたり高いサイン買うと3Dプリンタ買えると考えたら、カードゲーム買えなくなってしまうな

英傑大戦、欲しいカードすぐ引けてラッキーだったけどプリンターエラーで30分くらい立って待たされてクレジットの補填もなくアンラッキーだった。運とはすぐに収束するものだ。

返信先:アナログと言ってもパソコンとプリンターは使いますけどね😅 自力で印刷してチマチマカードにしております😊